コンテンツにスキップ

よくあるご質問

来たるべきものに「光」を当てていきましょう。

  • News
September 9, 2021
FAQ

全般

Alan Wake(2010)とは?

Alan Wakeは高く評価されたシネマティックアクションスリラーで、古典的なホラー作品にインスパイアされた奥深いミステリーを核としたゲームです。開発元のRemedy Entertainmentは、数々の賞を受賞したControlを制作した会社です。

ベストセラー作家Alan Wakeの妻アリスが、休暇で訪れていたのどかな田舎町ブライトフォールズで謎の失踪を遂げる。Wakeが書いた覚えのないスリラーの原稿を発見してゆくにつれ、ブライトフォールズはますます不吉さを増していく。町の人々に憑依しWakeを嘲笑う、邪悪な闇の存在。正気を失う寸前まで追い込まれながら、奥深い謎を解明しAliceを見つけることができるか。

Alan Wake リマスター版とは? 

Alan Wake リマスター版は、オリジナル版Alan Wake(2012年PC版)のリマスターバージョンです。オリジナルのファンは、お気に入りの作品を新鮮な気持ちで楽しむことができます。新規プレイヤーにとっては、次世代技術を駆使した新しいプラットフォームでAlan Wakeという名作をプレイする良い機会となるでしょう。  

Alan Wake リマスター版には、オリジナル本編の他に、かつては別売りされていた拡張コンテンツThe SignalとThe Writerも同梱されています。また本編には、ストーリー執筆とクリエイティブディレクターを務めたSam Lakeの開発コメンタリートラックが新しく収録されていますので、ファンの皆さんはお見逃しなく。 

リマスター版で内容に変更はありますか? 

内容は前作と同じですが、グラフィックが改善し、フロントエンドも現代的に見えるように更新されています。PCのオリジナル版は優れたアートとスタイルのおかげで今でも十分きれいなのですが、解像度とフレームレートの向上でリマスター版をよりお楽しみいただけると確信しています。 

リマスター版に収録される新しいコメンタリーの内容は? 

Alan Wake リマスター版に新しく収録したオーディオコメンタリートラックには、Alan WakeのリードライターにしてRemedyのクリエイティブディレクターであるSam Lakeが登場します。ゲームのシナリオや、Remedyのゲームに向けて執筆する際のクリエイティブな過程について、深く掘り下げて語っています。  

オプションメニューでコメンタリーをオンにすると、ゲームの進行に合わせて自動的に再生されます。 

Alan Wake リマスター版はどのプラットフォームに対応していますか? 

Alan Wake リマスター版の対応プラットフォームは(ここで深呼吸)、PC(Epic Games Storeにて販売)、PlayStation 5、PlayStation 4/Pro、Xbox Series X|S、Xbox One、Xbox One S、Xbox One Xです。 

1つのコンソールプラットフォーム、たとえばPS4で本作を購入した場合、PS5のバージョンを無料で入手できますか? またその逆も可能ですか? 

はい。1つのプラットフォームでAlan Wake リマスター版を購入すると、そのプラットフォームの全バージョンにアクセスいただけます。 

PS4 のディスク版を購入した場合に、PS5のデジタル版をダウンロードすることはできますか? 

はい、できます。 

 Xbox Oneのディスク版を購入した場合に、Xbox Series X|Sのデジタル版にアップグレードすることはできますか?

はい、できます。 

Alan Wakeは発売日の時点で完成したゲームとして出荷されますか? それとも拡張コンテンツやアップデートなどが後日リリースされる予定ですか? 

Alan Wake リマスター版は完全なゲームとして出荷され、2つの拡張コンテンツThe WriterとThe Signalも最初から収録されています。シネマティクスやその他いくつかの点を強化するDAY 1パッチはありますが、有料コンテンツを追加する予定はありません。  

技術 

Alan Wake リマスター版の主な技術的特徴は? 

  • リマスターされた4Kグラフィックを60 FPS*でプレイ  
  • 顔のアニメーションとリップシンクが改善され、映画のようなカットシーンを再構成  
  • 環境のディテール向上(テクスチャの改善とジオメトリの追加) 
  • 髪の毛とシェーダーをアップデートして、キャラクターモデルを強化  
  • ビジュアルエフェクトと照明の改善
    *60 fps / 4Kに対応しているのはPS5とSeries Xバージョン  
    *PS4 Pro / Xbox One Xバージョンでは、60 fpsのパフォーマンスモードと30 fpsのクオリティモードがあります(Day 1パッチで実装) 

Alan Wake リマスター版はHDRに対応していますか? 

いいえ。 

本作は既存のAlan Wakeのエンジンと技術を使ったリマスター版のビルドです。そのため、さらにHDRに対応するためには膨大な時間がかかり、他の重要な要素に割くリソースを奪ってしまうことになるでしょう。  

本作はHDRに対応していなくても美しい映像をお届けできると確信しています。 

プラットフォーム / レンダリング解像度 / 出力解像度 / 目標フレームレート 

レンダリング解像度は、内部解像度のサイズです。一方出力解像度とは、一時的なアップスケール後の画像の解像度です。さまざまなプラットフォームに応じて、ゲームのバージョン間でレンダリングと後処理の違いがあります。 

プラットフォーム / レンダリング解像度 / 出力解像度 / 目標フレームレート 

  • PlayStation 4 – 1080p / 1080p / 30fps 
  • PlayStation 4 Pro (パフォーマンスモード) – 1080p / 1080p / 60fps 
  • PlayStation 4 Pro (クオリティモード) – 1296p / 2160p (4K) / 30fps / 4 x MSAA 
  • Xbox One – 900p / 900p / 30fps Xbox One X (パフォーマンスモード) – 1080p / 1080p / 60fps 
  • Xbox One X (クオリティモード) – 1440p / 2160p (4K) / 30fps / 4 x MSAA 
  • PlayStation 5 – 1440p / 2160p (4K) / 60fps / 4X MSAA 
  • Xbox Series X – 1440p / 2160p (4K) / 60fps / 4 X MSAA 
  • Xbox Series S – 1080p / 1080p / 60fps
  • PC – 4K/無制限 

PlayStation 5に特化した機能は? 

  • アクティビティカード(ミッションの進捗状況を追跡) 
  • トリガーフィードバックの実装 
  • 振動の実装 

本作のダウンロードサイズは? 

  • PlayStation 4 – 約29GB
  • PlayStation 5 – 約27GB
  • Xboxプラットフォーム – 約39GB
  • PC – 約36GB

Alan Wake リマスター版ではDualSenseコントローラーをどのように活用していますか?

Alanいわく、「迫りくる敵を追い払いたい一心でライトを必死で握りしめたとたん そのライトがひときわ眩い光を放ったのだ。」 

PlayStation 5のAlan Wake リマスター版では、PlayStation 5のDualSenseコントローラーに搭載された振動とハプティクスに対応しています。左トリガーでAlanのフラッシュライトの照準を合わせます。強く押せば押すほどフラッシュライトの光が強烈になります。

右トリガーは銃を撃つときに使用しますが、ピストルとライフルでは触感のフィードバックや抵抗感が明らかに異なります。 

PCに特化した機能 

  • PCバージョンはx64でDX12にのみ対応 
  • レイトレーシングはできません 
  • DLSS
    Nvidia DLSS – オフ、ウルトラパフォーマンス、パフォーマンス、バランス、クオリティ 
  • ウルトラワイドスクリーン対応
    アスペクト比は21:9 
  • 注:プリレンダリングされたカットシーンは16:9になります 
  • フレームレートのアンロック
    オリジナルのゲームと同じ 
  • ディスプレイ:フルスクリーン/ウィンドウ/ボーダーレス
    すべて対応 

  グラフィック設定 

  • アンビエントオクルージョンあり(HBAO+ Nvidiaのアンビエントオクルージョン技術)
  • 解像度 
  • V-Sync – オン/オフ  
  • コンソールのV-Syncはオンに設定されており、オフにすることはできません 
  • HUD – 有効/無効 
  • 明るさ 
  • モーションブラー – 有効/無効 
  • フィルムグレイン – 有効/無効 
  • FOV – スライダー  

詳細設定 

  • グラフィックのクオリティ – 低/中/高/カスタム 
  • レンダースケール – スライダー(デフォルトは100%) 
  • 異方性フィルタリング – オフ、2倍、4倍、8倍、16倍 
  • シャドウクオリティ – 低、中、高 
  • 空間光のクオリティ – 低、中、高 
  • 地形のクオリティ – 低、高 
  • ドローディスタンス – スライダー 

Alan Wake リマスター版をプレイするPCの最低・推奨スペックは? 

最低スペック
CPU: i5-3340相当
GPU: Nvidia GeForce GTX 960またはAMD相当。2 GBのVRAM。
RAM: 8 GB以上
OS: Win 10 64-bit
解像度: 900p

推奨スペック
CPU: i7-3770相当
GPU: Nvidia GeForce GTX 1060またはAMD相当。4 GBのVRAM。
RAM: 16 GB
OS: Win 10 64-bit
解像度: 1080p

セーブデータをPS4からPS5、Xbox OneからXbox Series Xなどに引き継ぐことはできますか? 

はい、できます。  

Series X|Sでゲームを開始すると、コンソールが自動的に前世代機のセーブデータを検知し、ロードを提案してきます。プレイヤーは前世代機で中断したところからゲームを続けることができます。

PlayStation 4のセーブデータがPlayStation 5にある場合、ゲーム内で自動検知して起動し、そのセーブデータから続きをプレイするか尋ねてきます。PS4からPS5にセーブデータを移動させるには、PlayStation Plusに登録していると、クラウドの保存ストレージからデータをPS5にダウンロードすることができます。手動でPS4からUSBスティックにセーブデータをコピーして、PlayStation 5にインポートするという昔ながらの方法もあります。うまくいきますように!

セーブデータを「ダウングレード」することはできません。つまり、PS5のセーブデータをPS4でプレイすることはできないということです。 

背景 

Alan Wakeのオリジナル版を開発したのは誰ですか? 

オリジナルのAlan Wakeを開発したのはRemedy Entertainmentです。2010年5月にXbox 360版、2012年秋にPC版がリリースされました。  

Remedy Entertainmentとは? 

Remedy Entertainment は、フィンランドを拠点に活動しているゲーム開発会社です。  

Remedy Entertainment Plcは世界的な成功を収めたゲーム会社で、Control、Alan Wake、Max Payneなど、重厚なストーリーと美しいビジュアルが特徴のコンソールおよびPCゲームを制作していることで有名です。1995年にフィンランドで創設し、そこに拠点を置いている当社では、27か国から集まった280人以上のゲーム業界のプロフェッショナルが働いています。Remedyは、フィンランドのナスダックファースト・ノース・グロース・マーケットに上場しています。詳細情報:www.remedygames.com

Alan Wake リマスター版の共同開発者は誰ですか? 

イギリスを拠点にしたリマスター専門のスタジオD3Tが、Remedyと共同開発を行いました。D3Tの詳細はこちら: https://d3tltd.com/ 

最高技術責任者やVFXリードなど、Alan Wakeオリジナル版を作っていたRemedyの主要開発者たちが、今回Alan Wake リマスター版の制作にも携わっています。 

フルリメイクに踏み切らなかった理由は? 

今回の計画は、最初からゲームのリメイクではなくAlan Wakeを新しいオーディエンスに紹介することが目的でした。10年経っても、ゲームの質にはかなり満足しています。  

ゲームプレイ 

Alan Wake リマスター版に難易度設定はありますか? 

Alan Wake リマスター版の難易度設定は、オリジナルのAlan Wakeと同じです。3種類の難易度設定(イージー、ノーマル、ナイトメア)によって、敵のスポーン、敵の体力、弾薬のドロップ、体力回復の数値が変化します。  

難易度「ナイトメア」は、ゲームを一度クリアしなければアンロックできません。 

オリジナルと比べて、ゲームプレイに変化や改善はありますか? 

ゲームプレイには手を加えていません。  

最初から、リメイクではなくリマスターを作ると決めていました。オリジナルのゲームプレイにはイライラさせられる点もいくつかあるのですが(たとえばAlanが走っているとき頻繁に息が切れてしまうなど)、それらも含めてオリジナルのAlan Wakeを体験できると考え、変更しませんでした。 

スムーズなフレームレートや高い解像度のおかげで、自然にゲームプレイが改善されることはあるでしょう。また、たとえばPS5やXbox Series X|Sのコントローラーに搭載された高性能の音響やハプティクスによって、没入感が増すはずです。 

その他いろいろ 

実績とトロフィーはオリジナルゲームと同じですか? 

はい、同じです。 

デジタル版とパッケージ版の両方でリリースされますか? 

はい。Alan Wake リマスター版は、デジタル版と小売のディスク/パッケージ版の両方でリリースします。 

対応言語は? 

  • インターフェイス/字幕 – 英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、韓国語、スペイン語、ロシア語、日本語、ポーランド語、中国語(繁体字)、スペイン語(南米)
  • トルコ語とポルトガル語(ブラジル)が新言語として追加されました。
  • オーディオ /VO – 英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、日本語、スペイン語(南米) 

本作は「リメイク」と「リマスター」のどちらですか? 

「リマスター」です。  

今回の計画は、最初からAlan Wakeを新しいオーディエンスに紹介することが目的でした。10年経ってもゲームの質にはかなり満足しているので、リメイクは考えていませんでした。また、以前のAlan WakeはPlayStationのプラットフォームには対応していません。 

発行元/発売日 

Alan Wake リマスター版の発売日は? 

全プラットフォーム共通で、2021年10月5日火曜日に発売予定です。 

Alan Wake リマスター版の発行元は? 

発行元はEpic Games Publishingです。 

Alan Wake リマスター版の小売価格は? 

$29.99 / £24.99 / €23.99です。